「かんたんnetprint®」利用規約

第1条(適用)
  1. 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(以下、当社といいます。)は、ネットプリントサービスの管理、運営者として、本サービスの利用規約(以下、本利用規約といいます。)を定めます。
  2. 当社、当社の販売会社(当社の県別特約店を含みます。)、または当社の販売会社が指定した販売店(以下、総称してサービス提供者といいます。) は、本利用規約を遵守することを条件として、本サービスを提供します。
  3. 本利用規約は、サービス提供者がインターネットを経由して、サービス提供者が提携する事業者またはそのフランチャイズチェーンの店舗に設置されたカラープリンターにドキュメントを出力するサービス(以下「サービス」といいます。)をお客様が利用する際の利用方法、制限事項等を定めるものです。
  4. 本利用規約は、本サービスを利用するユーザーに適用されます。
第2条(利用の範囲)
  1. 本サービスは、サービス提供者が提供するWebサービス「かんたんnetprint」の利用者で、本利用規約を遵守することを承諾したお客様(以下「ユーザー」といいます)のみが利用できます。
  2. サービス提供者は、本サービスを日本国内においてのみ提供します。
第3条(定義)
本利用規約において、次のとおり用語を定義します。
  1. 店舗とは、サービス提供者が提携する事業者が経営する店舗またはフランチャイズチェーンの店舗のうち、サービス提供者が提供するカラープリンター端末を設置し、かつ本サービス用のプリントアウトサービスを提供する日本国内の店舗をいいます。
  2. カラープリンター端末とは、店舗に設置されたサービス提供者が提供するカラープリンターおよび付属するコンピューター端末をいいます。
  3. 指定サイトとは、本サービスを提供するためにサービス提供者が指定するWebサイトをいいます。
第4条(本サービスの利用方法)
本サービスの利用は次の方法・手順で行うものとします。
  1. ユーザーは、あらかじめ店舗でプリントアウトすることを希望するドキュメントを指定サイトに登録します。
  2. なお、登録手順の詳細は、指定サイト上の「ご利用方法」に従うものとします。
  3. サービス提供者は、登録したドキュメントごとに固有のプリント予約番号を発行します。
  4. ユーザーは、登録したドキュメントのプリント予約番号を第三者に知らせることができます。このプリント予約番号を第三者に知らせることにより、ユーザーは、当該ドキュメントの店舗でのプリントアウトを、第三者に許可したものとみなされます。
  5. ユーザーおよびユーザーからプリントアウトを許可された第三者は、カラープリンター端末にプリント予約番号を入力することにより、ドキュメントをプリントアウトすることができます。
  6. プリントアウトの手順の詳細は、指定サイト上の「店舗での操作ガイド」に従うものとします。
第5条(利用料金と支払方法)
「ユーザー」および「ユーザー」からプリントアウトを許可された第三者は、ドキュメントのプリントアウトを実行するごとに、「店舗」において「カラープリンター端末」に表示されている料金を「カラープリンター端末」の決済機能を利用して、支払うものとします。
第6条(ユーザーサポート)
  1. サービス提供者は、本サービスの稼働不良等に関するユーザーからの問い合わせは、本サービスのWebページの問い合わせフォームから受付け、電子メールで回答します。
  2. サービス提供者は、前項の回答を、サービス提供者の営業日(土日祝日とサービス提供者の指定休日を除く平日)における、午前9時から午後5時30分までの間に実施するものとします。
  3. 前項の時間帯以外も問い合わせフォームからの受付をいたしますが、回答は翌営業日の営業時間以降となります。
第7条(ユーザーの責任)
  1. ユーザーは、本利用規約を遵守するものとします。
  2. ユーザーは、プリント予約番号およびドキュメントのプリント物を、ユーザーの責任において、適切に使用および管理するものとします。プリント予約番号またはドキュメントのプリント物の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害について、サービス提供者は何らの責任も負わないものとします。
  3. ユーザーの意にそわない本サービスの利用があったとしても、プリント予約番号が一致している限り、当該利用はユーザー自身の利用またはユーザーの第三者に対する利用許可があったものとみなされます。
  4. ユーザーは、本サービスを使用してユーザーが作成したコンピューター・プログラムおよびデータ等の消失を防止するためのバックアップ等の措置を自己の費用と責任で行うものとします。
第8条(サービス提供者の責任)
  1. サービス提供者は、本サービスについて、その仕様、品質、性能等を含む内容が、完全性、正確性、確実性または有用性を備えていること、本サービスの提供が遅滞、変更、中止、停止もしくは廃止されないこと、および、本サービスを通じて登録、提供される情報が流出および消失しないことについて、サービス提供者は何ら保証せず、何ら責任を負わないものとします。
  2. ユーザーが本サービスの利用その他本サービスに関連して発生した損害の賠償を求めるすべての場合において、サービス提供者は、本利用規約に別段の定めある場合を除き、サービス提供者の責に帰すべき事由を原因として発生した損害のうち、通常かつ直接の損害についてのみ、金1万円を限度とする金銭賠償の責任のみを負うものとする。
  3. 前項の定めにかかわらず、ユーザーの責に帰すべき事由に起因する損害、逸失利益その他の間接損害、特別な事情によって生じた損害ならびに登録ファイル、データ、情報等および作成プログラムの毀損または自然滅失については、理由の如何を問わず、サービス提供者はいかなる責任も負わないものとします。
  4. 次のいずれかの事由に該当する場合、サービス提供者は本サービスの提供義務を免れるものとします。
    • (1)本サービス所定の操作方法以外の使用に起因する稼働不良
    • (2)第三者が提供するコンピューター・プログラムに起因する稼働不良
    • (3)火災、風水害、地震等の天災地変およびその他不可抗力に起因する「本サービス」の中断
    • (4)本サービス所定の仕様以外の機器、コンピューター・プログラムの使用に起因する稼働不良
第9条(禁止事項)
  1. ユーザーの行為のうち、本サービスの全部または一部について次の行為を行うことを禁止するものとする。
    • (1)本サービスに用いられているプログラム、データ等を解析(逆アセンブル)、翻案(逆コンパイル)その他のリバース・エンジニアリングする行為
    • (2)本サービスおよびこれに関して知り得た技術情報の第三者への開示行為
    • (3)マニュアル、操作説明等に定められた方法以外の方法で、本サービスを提供するためのコンピューター装置にアクセスする行為
    • (4)本サービスの全部または一部を構成部分として組込んだプログラムまたはサービスを作成し、第三者に開示、販売、賃貸、使用許諾すること
    • (5)本サービスをコンテンツ販売の目的で利用すること
    • (6)サービス提供者または第三者の著作権もしくはその他の権利、財産もしくはプライバシーを侵害する行為またはそのおそれのある行為
    • (7)サービス提供者または第三者に、不利益や損害を与える行為、または不利益や損害を与えるおそれのある行為
    • (8)サービス提供者または第三者を誹謗中傷する行為
    • (9)公序良俗に反する行為、そのおそれのある行為または公序良俗に反する情報を提供する行為
    • (10)選挙期間中であるか否かを問わず、公職選挙法に抵触するまたは抵触するおそれのある行為
    • (11)本サービスを転売する行為
    • (12)コンピューターウイルス等の有害なプログラムを、本サービスを通じてまたは本サービスに関連して使用・提供する行為
    • (13)本サービスを直接または間接に利用する者の当該利用に重大な支障を与える行為
    • (14)法令に違反するか違反するおそれのある行為もしくは、犯罪行為もしくは犯罪に結びつく行為、または犯罪のおそれのある行為
    • (15)本利用規約に違反する行為
    • (16)その他、サービス提供者が不適切と判断する行為
  2. ユーザーが前項各号のいずれかに該当する行為を行った場合、サービス提供者は何らの催告なしに本利用規約にもとづく本サービスの利用の全部または一部を停止できるものとします。
  3. ユーザーが第1項各号のいずれかに該当する行為を行った場合、または、そのおそれがあるとサービス提供者が判断した場合、サービス提供者は、ユーザーの承諾なく、ユーザーが本サービスに登録したドキュメントを閲覧する場合があります。
  4. ユーザーが第1項各号のいずれかに該当する行為を行った場合、サービス提供者は、ユーザーの承諾なしにドキュメントの全部または一部を削除できるものとします。なお、当該削除によって生じた損害につきサービス提供者は何ら責任を負わないものとします。
  5. サービス提供者は、所轄官庁または裁判所等の公的機関からユーザーが登録した情報の開示を請求されたときは、当該公的機関に当該情報を開示することができるものとします。
第10条(サービスの中断)
  1. サービス提供者は、次の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの提供を中断できるものとします。
    • (1)本サービスの運用に用いる機器またはソフトウエア(カラープリンター端末を含む)の保守、点検、修理、交換、バージョンアップ等のメンテナンスが必要なとき
    • (2)カラープリンター端末が設置された施設の電気設備または通信設備の保守、点検、修理、交換、バージョンアップ等が行われるとき
    • (3)戦争、暴動、労働争議、地震、風水害等の天災地変およびその他不可抗力により、本サービスを中断せざるをえないと判断するとき
    • (4)サービス提供者が提携している事業者によるサービス提供が中断されるとき
  2. 前項の場合、サービス提供者は、可能な限り、事前にユーザーに対し、告知するものとします。
第11条(第三者からのクレーム)
  1. ユーザーが登録したドキュメントについて、第三者から、著作権侵害、名誉毀損、その他の事由にもとづき、サービス提供者が本サービスの停止、ドキュメントの削除等を請求された場合、サービス提供者は次のとおり対応します。
    • (1)当該請求が、法令その他の根拠にもとづく政府、裁判所等から発せられたものである場合、ただちに当該要求に従って、停止、削除等の措置を取ります。
    • (2)前号のほか、当該請求に特段の不合理な点が認められる場合を除き、サービス提供者は、事前のユーザーによる承諾なく、ドキュメントを削除することができるものとします。
  2. 前項による対応により生じたユーザーの損害につき、サービス提供者は何ら責任を負わないものとします。
第12条(ユーザーの情報)
  1. サービス提供者は、ユーザーが登録したユーザーに関する個人情報(特定のユーザーを識別可能にする情報をいう)を、法令および指定サイトに掲載するプライバシーポリシーに従って、管理・使用するものとします。
  2. 当社は、ユーザーがサービス提供者に提供した個人情報およびドキュメントを、本サービスの管理・運営のために必要な範囲内で、かつ前項の定めに反しない限りにおいて、使用、保管できるものとします。
第13条(第三者への委託)
サービス提供者は、本サービスの提供業務の全部または一部を、サービス提供者の提携する事業者に委託することができます。この場合、ユーザーは、本利用規約上のサービス提供者の権利または義務を当該事業者がサービス提供者を代行して、本利用規約上のサービス提供者の権利を行使し、または義務を履行することがあることを了承します。
第14条(サービスの終了)
サービス提供者が本サービスを終了する場合、3ヶ月前までに指定サイトで告知するものとします。
第15条(免責)
サービス提供者は、本サービスに関する本利用規約に明確に定めるものを除き、本サービスの提供又は本サービスのトラブル、停止等によりユーザーに生じた損害につき、その原因の如何を問わず、一切の責任を負わないものとします。
第16条(本利用規約の変更)
  1. サービス提供者は、本利用規約を変更することがあります。この場合、変更日以降は、変更後の本利用規約が適用されます。
  2. 当社はユーザーにその内容を、「指定サイト」への掲載により通知するものとします。
第17条(その他)
サービス提供者およびユーザーは、本利用規約の準拠法は日本国法とし、本利用規約に関して訴訟を提起する場合、サービス提供者の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
以上
2018年10月1日 改定
2019年7月1日 改定
2021年4月1日 改定