「ネットプリントサービス basic」利用規約

 本利用規約は、富士ゼロックス株式会社(以下富士ゼロックスといいます。)がインターネットを経由して、富士ゼロックスが提携する事業者またはそのフランチャイズチェーンの店舗に設置されたカラープリンターにドキュメントを出力するサービス(以下「サービス」といいます。)を提供する際の利用方法、制限事項等を定めるものです。

第1条(適用)
 本利用規約は、「サービス」を利用する、個人のお客様に適用されます。法人向けサービス「ネットプリント for business」にもとづく法人のお客様およびその法人から利用許可を受けたお客様には、法人向け利用規約が適用されます。
第2条(利用の範囲)
「サービス」は、「サービス」の利用を申し込み、富士ゼロックスからユーザーIDが発行されたお客様のみが利用できます。
第3条(定義)
 本利用規約において、次のとおり用語を定義します。
(1)「店舗」とは、富士ゼロックスが提携する事業者が経営する店舗またはフランチャイズチェーンの店舗のうち、富士ゼロックス製のカラープリンター端末を設置し、かつ「サービス」用のプリントアウトサービスを提供する店舗をいいます。
(2)「カラープリンター端末」とは、「店舗」に設置された富士ゼロックス製のカラープリンターおよび付属するコンピューター端末をいいます。
(3)「ユーザー」とは、「サービス」の利用登録を行った方をいいます。
第4条(ユーザー登録)
 「ユーザー」として、「サービス」を利用するには、あらかじめ登録を行わなければなりません。お客様は、ネットプリントサービスを提供するために富士ゼロックスが指定するWebサイト(以下「指定サイト」という。)で登録するものとします。「ユーザー」の登録は無償とします。
第5条(ユーザー登録内容の変更)
 「ユーザー」は、自分自身の登録項目について変更があった場合は、すみやかに「指定サイト」上で変更するものとします。
第6条(登録ユーザーの削除)
 「ユーザー」が「サービス」の利用を中止する場合、「指定サイト」で自分自身のユーザー登録を削除するものとします。
第7条(サービス)
  1. 「ユーザー」は、あらかじめ「店舗」でプリントアウトしたいドキュメントを「指定サイト」に登録します。
  2. 登録したドキュメントごとに固有のプリント予約番号を発行します。
  3. 登録手順の詳細は、「指定サイト」上の操作ガイドに従うものとします。
  4. 「ユーザー」は、登録したドキュメントのプリント予約番号を第三者に知らせることができます。このプリント予約番号を知らせることにより、「ユーザー」は当該ドキュメントの「店舗」でのプリントアウトを、知らせた第三者に許可したものとみなされます。
  5. 「ユーザー」および「ユーザー」からプリントアウトを許可された第三者は、「カラープリンター端末」でプリント予約番号を入力することにより、ドキュメントをプリントアウトすることができます。
  6. プリントアウトの手順の詳細は、「指定サイト」上の「店舗での操作ガイド」に従うものとします。
第8条(料金)
 「ユーザー」および「ユーザー」からプリントアウトを許可された第三者は、ドキュメントのプリントアウトを実行するごとに、「店舗」において「カラープリンター端末」に付属するコインキットに、本利用規約末尾の別表に記載するプリント料金相当額を投入することにより、プリント料金を支払うものとします。
第9条(ユーザーサポート)
  1. 富士ゼロックスは、「サービス」の稼働不良等に関する「ユーザー」からの電子メールでの問い合わせに対し、電子メールで回答します。
  2. 前項の電子メールでのサポートは、富士ゼロックスの営業日(土日祝日と富士ゼロックスの指定休日を除く平日)における、午前9時から午後5時30分までの間に提供されます。
  3. 前項の時間帯以外も電子メールの受付をいたしますが、回答は翌営業日の営業時間以降となります。
第10条(ユーザーの責任)
  1. 「ユーザー」は、本利用規約を遵守するものとします。
  2. 「ユーザー」は、ユーザーID、パスワード、プリント予約番号およびドキュメントのプリント物を、「ユーザー」の責任において、適切に使用および管理するものとします。ユーザーID、パスワード、プリント予約番号またはドキュメントのプリント物の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害について、富士ゼロックスは何らの責任も負いません。
  3. ユーザーID、パスワードまたはプリント予約番号が第三者に利用された場合といえども、ユーザーIDおよびパスワードまたはプリント予約番号が一致しているかぎり、当該利用は当該「ユーザー」自身の利用または「ユーザー」の利用許可があったものとみなされます。
  4. 「ユーザー」および「プリントユーザー」は、ユーザーIDまたはパスワードが第三者に利用されている事実を知った場合、ただちにその旨を富士ゼロックスに連絡してください。
  5. 「ユーザー」は、ユーザーID、パスワードまたはプリント予約番号を失念した場合、その旨を富士ゼロックスに通知してください。
  6. 「ユーザー」は、「サービス」を使用して「ユーザー」が作成したコンピューター・プログラムおよびデータ保護のため、バックアップ等の適切な防御措置を「ユーザー」の費用と責任において常時実施するものとします。
第11条(富士ゼロックスの責任)
  1. 富士ゼロックスは、「サービス」について、その仕様、品質、性能等を含む内容が、完全性、正確性、確実性または有用性を備えていること、「サービス」の提供が遅滞、変更、中止、停止もしくは廃止されないことならびに「サービス」を通じて登録、提供される情報が流失および消失しないことについて、富士ゼロックスは何ら保証責任を負いません。
  2. 「ユーザー」が富士ゼロックスの責に帰すべき事由を原因として現実に発生した損害の賠償を求めるすべての場合において、富士ゼロックスは、本利用規約に別段の定めある場合を除き、通常かつ直接の損害についてのみ、かつ金1万円を限度とする金銭賠償の責任のみを負います。
  3. 前項の定めにかかわらず、「ユーザー」の責に帰すべき事由に起因する損害、業務上の逸失利益その他の間接損害、特別な事情によって生じた損害ならびに登録ファイル、データ、情報等および作成プログラムの毀損または自然滅失については、富士ゼロックスはいかなる責任も負わないものとします。
  4. 次のいずれかの事由に該当する場合、富士ゼロックスは「サービス」の提供義務を免れるものとします。
  5. (1) 富士ゼロックス所定の操作方法以外の使用に起因する稼働不良
    (2) 第三者が提供するコンピューター・プログラムに起因する稼働不良
    (3) 火災、風水害、地震等の天災地変およびその他不可抗力に起因する「サービス」の中断
    (4) 富士ゼロックス所定の仕様以外の機器、コンピューター・プログラムの使用に起因する稼働不良
第12条(禁止事項)
  1. 「ユーザー」は、「サービス」の全部または一部について次の行為を行うことはできません。
    (1)ユーザーID、パスワードに担保権、質権等を設定する行為
    (2)「サービス」に用いられているプログラム、データ等を解析(逆アセンブル)、翻案(逆コンパイル)その他のリバース・エンジニアリングする行為
    (3)「サービス」およびこれに関して知り得た技術情報の第三者への開示
    (4)マニュアル、操作説明等に定められた方法以外の方法で、「サービス」を提供するためのコンピューター装置にアクセスする行為
    (5)「サービス」の全部または一部を構成部分として組込んだプログラムまたはサービスを作成し、第三者に開示、販売、賃貸、使用許諾すること
    (6)「サービス」の申し込みまたはユーザー登録にあたり、虚偽の事実を登録すること
    (7)第三者に、譲渡、貸与、交換、共有、その他の方法で、ユーザーIDおよびパスワードを使用させること
    (8)「サービス」をコンテンツ販売の目的で利用すること
    (9)富士ゼロックスまたは第三者の著作権もしくはその他の権利、財産もしくはプライバシーを侵害する行為またはそのおそれのある行為
    (10)富士ゼロックスまたは第三者に不利益または損害を与える行為、または損害を与えるおそれのある行為
    (11)第三者または富士ゼロックスを誹謗中傷する行為。
    (12)公序良俗に反するかそのおそれのある行為、または公序良俗に反する情報を提供する行為
    (13)選挙期間中であるか否かを問わず、公職選挙法に抵触する又は抵触するおそれのある行為
    (14)性風俗、宗教の布教活動に関する行為
    (15)「サービス」を転売する行為
    (16)コンピューターウイルス等の有害なプログラムを「サービス」を通じて、または「サービス」に関連して使用・提供する行為
    (17)「サービス」を直接または間接に利用する者の当該利用に重大な支障を与える行為
    (18)法令に違反するか違反するおそれのある行為もしくは、犯罪行為もしくは犯罪に結びつく行為、または犯罪のおそれのある行為
    (19)本利用規約に違反する行為
    (20)その他、富士ゼロックスが不適切と判断する行為
  2. 「ユーザー」が前項各号のいずれかに該当する行為を行った場合、富士ゼロックスは何らの催告なしに本利用規約にもとづく「サービス」の利用の全部または一部を停止できるものとします。
  3. 「ユーザー」が第1項各号のいずれかに該当する行為を行った場合、またはそのおそれがあると富士ゼロックスが判断した場合、富士ゼロックスは、「ユーザー」の承諾なく、「ユーザー」が「サービス」に登録したファイル、データ、情報を閲覧する場合があります。
  4. 「ユーザー」が第1項各号のいずれかに該当する行為を行った場合、富士ゼロックスは「ユーザー」に登録ファイルまたはデータ、情報等の削除を要求できるものとします。
  5. 「ユーザー」が前項の規定にもとづく富士ゼロックスからの要求に応じない場合、富士ゼロックスは、「ユーザー」および第三者に対して一切責任を負うことなく、「ユーザー」の承諾なしに登録ファイルまたはデータ、情報等の全部または一部を削除できるものとします。
  6. 「ユーザー」が第1項各号のいずれかに該当する行為をなし、かつ富士ゼロックスが、「ユーザー」に対し、相当な期間を定めて是正措置を要求したにもかかわらず、是正が為されなかった場合には、富士ゼロックスは、「ユーザー」に対して何らの責任を負うことなく、ユーザー登録を抹消することができるものとします。
第13条(サービスの中断)
  1. 富士ゼロックスは、つぎの各号のいずれかに該当する場合、「サービス」を一時中断できるものとします。
    (1)  「サービス」の運用に用いる機器またはソフトウエア(「カラープリンター端末」を含む。)の保守、点検、修理、交換、バージョンアップ等のメンテナンスが必要なとき
    (2)  「サービス」の運用に用いる機器またはソフトウエア(「カラープリンター端末」を含む。)が設置された施設の電気設備または通信設備の保守、点検、修理、交換、バージョンアップ等が行われるとき
    (3)  戦争、暴動、労働争議、地震、風水害等の天災地変およびその他不可抗力により、「サービス」を中断せざるをえないとき
    (4)  「サービス」の運用のため、富士ゼロックスが提携している事業者が提供しているサービスが中断されるとき
  2. 前項の場合、富士ゼロックスは、可能な限り、事前に「ユーザー」に対し、告知するものとします。
第14条(第三者からのクレーム)
「ユーザー」が登録したドキュメントについて、第三者から著作権侵害、名誉毀損、その他の事由にもとづき、富士ゼロックスが「サービス」の停止、「ドキュメント」の削除等を請求された場合、富士ゼロックスは次のとおり対応します。
(1) 当該請求が、法令その他の根拠にもとづく政府、裁判所等から発せられたものである場合、ただちに当該要求に従って、停止、削除等の措置を取ります。
(2) 当該請求が、第三者自身の判断にもとづく民事上の請求である場合、富士ゼロックスはすみやかに当該請求の事実、請求内容を「ユーザー」に電子メールで通知します。「ユーザー」は当該通知が発信されてから7日以内に次のいずれの措置を取るものとします。
 [1]自ら当該ドキュメントを削除し、その旨を富士ゼロックスに通知する。
 [2]富士ゼロックスが当該ドキュメントを削除することに同意する旨を富士ゼロックスに通知する。
 [3]当該第三者の請求に異議を申立て、その旨を富士ゼロックスに通知する。
(3) 「ユーザー」が前号[3]の措置を取ることを選択した場合、「ユーザー」はすみやかに当該第三者と連絡を取る等の、紛争解決のための措置を講じるものとします。また、富士ゼロックスは、当該第三者から要求された場合、当該第三者が「ユーザー」と連絡を取るために必要な情報を開示できるものとします。
(4) 第2号、第3号の規定にかかわらず、次のいずれかに該当する場合、富士ゼロックスは、「ユーザー」の承諾なく、当該請求に係るドキュメントを削除することができるものとします。
 [1]当該請求が事実であると認められると富士ゼロックスが判断した場合
 [2]富士ゼロックスからの通知に、「ユーザー」が7日以内に回答しなかった場合
第15条(ユーザーの情報)
  1. 富士ゼロックスは、「ユーザー」が登録した「ユーザー」に関する個人情報(特定の「ユーザー」を識別可能にする情報をいう。)を、法令および「指定サイト」に掲載するプライバシーポリシーに従って、管理・使用するものとします。
  2. 富士ゼロックスは、「ユーザー」が登録した個人情報およびドキュメントを、「サービス」の管理・運営のために必要な範囲内で、かつ前項の定めに反しない限りにおいて、使用、保管できるものとします。ただし、本項の規定は、「ユーザー」が富士ゼロックスに対して、「ユーザー」が登録したドキュメントを自ら販売その他の方法で有償頒布することを許諾する性質のものではありません。
第16条(第三者への委託)
 富士ゼロックスは、「サービス」の全部または一部を富士ゼロックスの提携する事業者に委託することができます。この場合、「ユーザー」は、本利用規約上の富士ゼロックスの権利または義務を当該事業者が富士ゼロックスを代行して行うことがあることを了承します。
第17条(サービスの終了)
 富士ゼロックスが「サービス」を終了する場合、3ヶ月前までに「指定サイト」で告知するものとします。
第18条(本利用規約の変更)
  1. 富士ゼロックスは、本利用規約を変更することがあります。この場合、変更日以後変更後の本利用規約が適用されます。
  2. 本利用規約の変更にあたっては、変更予定日の30日前までに、当社は「ユーザー」にその内容を、書面の郵送、電子メールの送信、「指定サイト」への掲載その他の方法により通知するものとします。当該変更通知が電子メールの送信または「指定サイト」への掲載の場合には、電子メールの送信日または「指定サイト」への掲載日から10日間を経過した時点をもって、変更通知は「ユーザー」に到達したものとみなします。
第19条(その他)
 本利用規約に関する訴訟は、富士ゼロックスの本店所在地を管轄する裁判所を第一審の裁判所とします。
以上
2010年7月29日 改定


ネットプリント利用規約別紙

  1. 「店舗」でのプリント料金は、以下のとおりです。

    利用料金(1ページあたり)

    用紙サイズ カラー 白黒
    A3 100円 20円
    B4、A4、B5 60円 20円
    はがき 60円 20円
    Lサイズ 30円 -

  2. 「返金」についてのオペレーションは下記の通りです。
    1)「カラープリンター端末」の原因により、プリントが正しく出来なかった場合、「ユーザー」は「店舗」の従業員に返金を申し出ることが出来ます。その際、「ユーザー」は、返金対象となるプリント物を「店舗」の従業員に提示するものとします。
    2)「店舗」の従業員は、前項1.の区分に応じ、その金額を「プリントユーザー」に返金します。
以上